「バビロンを夢見て」進捗015

  • 2008/02/24(日) 21:43:03

5ページ下書きしました。



「運営座談会」読みました。
運営チームが2ch的にクールかつドライなのに感動。
イカすなあ。
そして新都社サーバーが、運営と無関係な個人の寄贈であることに驚愕。
それにしても読み返すに
よく出来たサイトだなあと感心しきりです。


文芸新都はこれだけしか読んだこと無いのは秘密です。

「バビロンを夢見て」進捗014

  • 2008/02/21(木) 22:03:47

次回更新分のネーム上がりました。9P。



これはネームというのかどうか
下書きの前段階として
アナログでネームを描く時は
セリフとコマ割りをこのように別々に描くようにしています
右の方に小さく書かれた四角が、そのページのコマ割というわけです。
結構めんどくさい背景をネーム段階で自分に指示するので
ペンを握る前から怖気ついていますが

酒瓶とかマンションとか
想像するだけでうんざりするような構図とか
しばらく自分の課したハードルと戦う日々です。

22日の更新祭り、一読者として楽しみです!

「バビロンを夢見て」返信003

  • 2008/02/19(火) 23:26:42

コメントに返信します。
先日原作者と昼飯を食っていると
「これが探偵漫画だと思って読んでる人に殴られそうだ」と
的確なコメントを頂きました。
犯人を探しもしなければ事件も起こらない
そんな話を生暖かく見守ってやってください。


[60] 一話完結してない>< <'2008 02/19 19:00> U.g00wr.@
わーお。現実はそんなもんです

[59] 構図がジョジョっぽい <'2008 02/19 15:40> 7k7JnWB.P
人体をひねったり捻ったりするとJOJOっぽくなりますよね

[58] 正直絵の参考のためだけに見てます。いや話も読んでます。 <'2008 02/18 12:24> 8Nnn.I81P
こういうコメントを待ってました

[57] wktk <'2008 02/18 09:13> czHJbpv0P
おまたせしました

[56] 突拍子もない話なのに自然に見えるのが不思議だ。 <'2008 02/18 03:33> 8vysqMI0P
彼女がどうやって服を着ているのか気になるよね

[55] かっけえ はじめしてはないな <'2008 02/17 23:45> SB8AoYo0P
あっ本当だ! 何をするだぁーッ!!
5年くらい後に直します


[54] 面白かった、けどプロフェッサーフジタが浮かんだのは俺だけか <'2008 02/17 23:12> oNjlykX0P
どうやらそうみたいです

[53] うんむ いきなり手錠 もちっと手錠の経緯について説明した方が良かったかもわからんちん! <'2008 02/17 23:10> F/5JkS61
それ言ったらオチじゃね?

[52] おもしろい! <'2008 02/17 22:53> 9jjqDl8.P
[51] この絵好きだ <'2008 02/17 22:25> S5ThfMd0P
[50] omosiroi <'2008 02/17 22:09> MX.7Wdo1P
ありがとう!がっかりさせないようにがんばるよ!

[49] むっちゃおもしれろすぎだろ <'2008 02/17 22:03> ChtFRC21P
えーっとまず君は落ち着くんだ!

[48] これは期待 <'2008 02/11 15:45> jXvX5.H0P
[47] お TOP絵いいね <'2008 02/11 15:31> mMS5WK3/P
同人誌を買うとよく表紙に騙されるよね!

[46] どうして吉影に見えるものか、期待です。 <'2008 02/01 21:01> VnBHzS01P
? ぼくのパパはパパじゃない??

[45] 猛烈に期待している <'2008 01/31 08:10> HLs4h4p.P
[44] 絵やっぱうまいな 話もね <'2008 01/28 23:07> 1WKjWL01P
[43] 耽々と期待している <'2008 01/28 11:51> GAejyQl/P
原作者とロイヤルホストで話し合った結果、
どう転んでも大した話にはなりそうにないと言うことがわかりました。
距離を置いて部屋を明るくして
テレビモニターから3mはなれて鑑賞するのが
昨今のトレンドだと思います


<追記>
本スレを流していると、登録作品が削除される予告が目に付きました。
煽りや叩きがあるからVIPは面白いのであって
それを規制する仕組みは最低限の楽しみを奪われたようで残念です。
でもまあ削除されたらされたらで
運営から削除された作品として箔がつくのでしょうから
目立ちたがり屋の作者にはアピールのチャンスかもしれませんね。
今後も新都社から目が離せませんなっ!

「バビロンを夢見て」進捗013

  • 2008/02/17(日) 22:02:50

第2話「しのぶ」9P載せました。

話はまだ始まっていませんが
このままのテンションで収束するつくりなので
あんまり気にしていない、そんな感じっすね。

「バビロンを夢見て」進捗 -001

  • 2008/02/15(金) 00:31:29

以前僕がまだ若くて精力も盛んだった頃にこんなことを書いていた。


・・・・・・・・・・・・・・
夢中で時間の中を駆け回っている。
一息ついて振りかえると、過去はローラーで引き伸ばされたようにのっぺりとして起伏がない。
これはわたしが、毎日同じ事を考えて、おなじようなことしかしないからだろう。
7月31日をピックアップしたが、7月31日は7月30日から続いている一つの単位で、
7月31日を通り過ぎると8月1日が横たわっている。
これは摂理であって、ピックアップなんて単純なことをすると、
体系について考えられなくなってしまうのではないかと思う。
・・・・・・・・・・・・


当時の僕によれば、過去はローラーで引き伸ばされてのっぺりとして
起伏がない砂漠のようなものだったようだ。
今でもその感想は変わっていない。

振り返って考えるに、長いような長くないような曖昧な年月は
そこそこの感情の起伏があったものの押しなべて乾燥したものだったと思う。
人と交わって心を揺さぶられたりもしたが
そして今でも揺さぶられているが
突き詰めて考えると僕たちは孤独なのであって
僕たちは未来を保障されたり過去を評価されて
これでもう安心ということはないのだと思う。
誰だっておれの人生が最高なんだ。
なんか当たり前のことを書いているが。

運命というものがあるとすれば
個人的な意思や行動で不満足な結果を避ける姿勢が謳われるが
結局のところ僕らは孤独なので
はたと過去を振り返ると流れに逆らってあたふたしているうちに
偶然の力でなるようになってしまい
落ち着いてかえりみるとふりだしに戻ったような
ローラーで引き伸ばしたようなのっぺりとした思い出しか残っていない。
そんなことはないのかもしれないが僕にはそう思えるし
多分これからものっぺりとした違和感を抱えて年を重ねると思う。

僕の描く作り話は
上のような「孤独」と「偶然」を燃料に走っていくつもりです。
以上マイナス更新でした。