探偵少女 進捗025

  • 2009/05/31(日) 21:31:02

今日も下書き。
人物を描いて、飽きてきたので小物に移行するところです。




こんな一生懸命ムキになって描かなくてもいいんじゃないか
出来上がったの読むのってあっという間だぜ

100人の人がこの漫画を手に取るとしたら、
多分40人くらいは4〜5ページめくってみると思うんだ
最後まで読んでくれるのは15人くらいで、
残りの人は携帯電話の画面に興味をもどすか
待ってたラーメンが届いたので雑誌を閉じると思うんだ
他にすることがなくて最後まで読んでしまった14人は、
ページをめくって多分ちがう別の漫画を読み始めると思うんだ
1人くらいは面白かったと言ってくれるかな

月間少年サンデー創刊号に載ってた「アオイホノオ」は面白かったな。
あだち充先生の新連載への言及も秀逸だったけど、
それを読んだ女の子の感想も、心に残るいい描写だった。
「あー、面白かった!」

空回りする情熱の描き方に年季が入ってます
ああいう職人芸を見ると、プロってすごいなあと思います

探偵少女 進捗024

  • 2009/05/30(土) 19:59:16

下書きを2ページやりまんた。



資料を買いに本屋へ。
ヤリイカの神経は直径1mmになるものもあり
脳神経の研究者には大変重宝されている生き物であることを知った。

バイクの写真集を買って帰りました。

探偵少女 進捗023

  • 2009/05/29(金) 14:10:30

えんえんえんえんと下書きやってます。



新都社でバビロン漫画描くのと違って

関節ゆがんでたらリテイク
体の大きさ間違えたらリテイク
女の子がかわいくなかったらリテイク

ある程度納得いくまで書き直すので進みません。
どの程度だったらOKが出せるのか
書いてる本人がよくわからないので
なんというかもう雲をつかむような
いったい誰と戦っているのか






-------------------------------------------- キリトリセン --------------------------------------------







ここから余談 本日のロックンロール列伝



プチプチでおなじみの川上産業の社長、川上肇氏の個人ページについて

川上肇 コラムにようこそ!

以下意訳。



付和雷同というのはおそろしい、みんなが個性的なのがいいんじゃないか?
たとえば環境を大切にすることにしたって、
世界に10社ほど「環境破壊企業」があるといい。
※2000.02.16 個性的っていいですね


会社の仕事や私的な人間関係の失敗を
人のせいや世の中のせいにしていませんか?
これは「自分がゲームに負けたのは、モンスターが強すぎるからだ」と言ってるのと同じです。
※1999.10.01 テレビゲームに学ぶ!「原因は自分にあり」


作文という行動は(原稿用紙を使うか否かに依らず)、内言と印字を重ね合わせていくという、とてもエキサイティングな行動であることに、気付きます。音楽に例えるなら、レッド・ツェッペリンのように、ベースとドラムを同時に叩いて音を融合させる時のあの感覚にとてもよく似ています。
※2002.12.23 自分論


プロ野球を観戦する以上、熱く応援せねばならない。デスメタルを聴く以上、(少なくとも心の中では)ヘッドバンキングしなければならない。
※2003.11.17 真形(しんぎょう)論


川上肇 ロック度数 ★★★★☆(5段階評価)


      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  人生にリセットボタンは無いが
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|   電源ボタンはあるんだ!
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |    
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  めんどくさくなったら押してみるの
   |  irー-、 ー ,} |    /     i    も一興だな。
   | /   `X´ ヽ    /   入  |

探偵少女 進捗022

  • 2009/05/26(火) 16:45:55

定期観測。

★よくわかる進行表★

1.ネーム【終了】
2.下書き【18/44】 
3.ペン入れ・ベタ【15/44】 ←今日はここをやったよ!
4.ホワイト・トーン【0/44】
5.換金【投稿先未定】




背景がまだまだだなあ
濃淡の強弱が甘いんだろうか
試しながら進めてます

探偵少女 進捗021

  • 2009/05/24(日) 21:00:20

4ページくらいペン入れしました。



4ページも描いたら腕が動かなくなりました。
すげえ重労働です。
パティシエなめんなって感じです。
漫画家ってすげえな。

・・・あっ、そうか。
だからアシスタントさんがいるのか。


10ページ超のペンの入った原稿を並べて、
もしこれが雑誌に載っていたら読んでみるだろうかと考えてみる。

熟考の末、
私がエロシーンのない漫画は読み飛ばす読者であることを思い出す。
そしてこの漫画はエッチなシーンがない。

図らずも致命的なミスに気がついたので、
バファリンを飲んで寝ることにします。